ライフリー 尿とりパッドなしでも長時間安心パンツの長所と短所の比較


「とにかく吸収量の多いパンツタイプを探している」という方いらっしゃいませんか?

「ライフリー 尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」が、きっと探し求めているおむつですよ(・∀・)

個人的100点満点評価……「86点」

長所は、1000cc(約7回分)のおしっこが吸収できる、脅威の吸水量です。
短所は、もこもこすることですね。

さすがに、薄型ではありません。
ぶっちゃけ、もっこもこです。

では、僕の実体験エピソードを交えて、詳しく解説していきます。


「ライフリー 尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」の特徴を解説


「ライフリー 尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」の良さを知って頂くために、先にお伝えしたいことがあります。

それは、「ズボンに染みたら、どうしよう?」という不安や悩みです。


ズボンに染みる、漏れの不安


おむつをはいている時の大きな悩みに、「おしっこがズボンに染みたら、どうしよう?」というものが、ありますよね。

「大人用おむつしているのに、衣服や床を濡らしてしまう」って、ショックなんです(-_-;)

尿漏れで、普通の下着を濡らす以上に。

だって、「大人用おむつしてるだけで恥ずかしいのに、そこから漏れて二重に恥ずかしいよ!」と思ってしまいますので。
ですが、現実に夜間で、長時間おむつ交換ができなかったり、点滴をしていて尿量が増えたりすると、おむつがどんどん膨れていきます。

次第に吸収しきれなくて、足回りから漏れそうになっていきます。
「座っていたら、お尻の方から漏れて、布団がべちゃべちゃになっていた!」って経験が、僕にもありました。


「尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」の吸収量


その点、「尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」はすごいです。

パンツタイプの大人用おむつの中でも、トップクラスの吸収量を誇ります。
表記されている吸収量は、1000cc(おしっこ約7回分)ですからね。


「パッケージに書いている吸収量が、本当とは限らないんじゃない?」と思った方、その通り。

確かに、世の中には、「5回分吸収と書いているけど、すぐ漏れる」というような大人用おむつもあります。

が、

「尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」は、ちゃんと吸収力がありますね。


大人用おむつの吸水ポリマー=ストライクゾーン


この「尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」は、本当に漏れにくいんです。

なぜ漏れにくいのか?
理由の一つは、「長い吸収帯」にあります。

吸収帯とは、おしっこを吸収する吸水ポリマーとか、高分子吸収体という物体が入った部分です。
僕も化学者ではないので、成分は良く知らないんですが、「吸収帯が小さいと漏れる」ってのは、経験上、断言できます。

つまり、すぐ漏れてしまう大人用おむつって、吸収帯が狭いんです。
野球で例えると、ダメなおむつは「ストライクゾーンが狭い」みたいな感じですね。

「当たったらホームラン」でも、「当たらなかったらアウト」じゃないですか?

それと同じで、「おむつのストライクゾーンに入れば、吸収できる」のに、「ストライクゾーンからズレたせいで、漏れる」という現象がけっこう起きてしまいます。

その点、「ライフリー 尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」は、すごいんですね。

ストライクゾーンが広い。
当たった時の吸収力もある。

「ここにおしっこが当たらないと、吸収できない」というふうに、ケチじゃないのです。

どこでもホームランになります。
だから、「実験室で水を吸収させれば、たくさん吸う」ではなく、「生活の中で、実際におむつを使っていても、たくさん吸う」でのです。

それに加えて、吸収ポリマー自体が多いので、「本当に漏れない」ようにできています。
非常に高品質な大人用おむつです。


「尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」の欠点は?


「尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」の欠点は、もこもこすることですね。

長時間吸収できるように、たっぷり吸収材を入れているためか、全然薄くはないです。

僕も実際にはいてみて、「おむつしてます」って感じを味わいました。
大人用おむつを使っているとバレたくない相手に会う時は、はきたくないですね。

また、尿とりパッドは一緒に使わない前提で作られていますので、尿とりパッドとおむつを併用して、節約しようという方には、向きません。


他の大人用おむつとの比較


ではここで、他の大人用おむつと比較してみましょう。


ライフリー リハビリパンツ


もう少し吸収量が少なめでいい方は、「ライフリー リハビリパンツ」がおすすめです。



同じメーカーの、似たような製品で、吸収量だけおしっこ約5回分に、減っています。

正直、7回分も必要ない方も多いでしょうから、こちらで充分でしょう。

詳しい解説記事はこちらです。
→「ライフリー リハビリパンツ ユニ・チャームの長所と短所の比較


ライフリー ズボンを脱がずに交換リハビリパンツ



また、パンツタイプのおむつをはくのがしんどい、という方は、「ライフリー ズボンを脱がずに交換リハビリパンツ」の方が向いていると思います。

こちらは、パンツの形だけど、ズボンを全部脱がなくても交換できる製品です。

詳しい解説記事はこちらです。
→「ライフリー ズボンを脱がずに交換リハビリパンツの長所と短所の比較


「尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」を使った感想


僕は、「尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」を病気の時に使いました。
漏れたことは、ありませんでしたね。

全体的な密着感も強くて、お腹などからも、漏れません。
濡れた感じも、そんなにしませんね。

あ、ただ注意点もあります。

僕は漏れませんでしたが、やっぱり夜は寝相などの関係で、横モレすることもありえます。

テープタイプの大人用よりは、漏れる可能性がありますね。
もうこれは、パンツタイプのおむつの宿命みたいなものですけれど。

あと、長時間吸収できるせいで介護してくれる人たちに「まだおむつは替えなくていいでしょ?」と言われるのは、嫌な体験でした。

確かに、7回分のおしっこを吸収できる大人用おむつですが、できれば、こまめに替えたいものです。

ぐっしょり濡れた感じがしなくても、おしっこをくっつけたまま座っているのは、ちょっと不快ですからね。

ということで、「とにかく吸収量がある大人用おむつが欲しい」とお考えの方には、「尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」をおすすめしますが、

「長時間吸収」だからと、「長時間放置」はしないように、お願いします。


コメント

  1. 奥平 洋司 より:

    ライフリー「尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」は大人の夜尿症には一番いい商品だと思います。
    私の場合、尿量も多いのでとても重宝しています。
    去年秋のリニューアル以来、ライフリーのパンツの進化はすごいと思います。

    • 睦御(むつお) 睦御(むつお) より:

      コメントありがとうございます。
      リニューアル版、すごいですね。
      昔のライフリーは漏れないけどゴワゴワしてる感じでしたが、
      最近は薄さなども両立した感じになってきましたね。

      僕は寝ている間の漏れ防止という意味なら、ややサルバの方がオススメですが、
      ライフリーもすごくいいと思います。

Back to Top ↑